部分日食は何時から、どこで見れるのか?安全な見方は?2019

 

12月26日に日本約1年ぶりとなる、部分日食が起こります。
 
今回はその部分日食は何時からなのか、どこで見れるのか?安全な見方などについてまとめていきたいと思います。
 

部分日食とは?

地球が月の半影の中に入ると、太陽の一部が欠けて見える事を部分日食といいます。
 
部分日食といっても、太陽がごくわずかしか欠けないような小さな部分日食もあれば、三日月よりも細くまで欠けるような大きな部分日食もあります。
 
今回約1年ぶりの部分日食は、何時からなのか、どこで見れるのかまとめていきます。

部分日食は何時から、どこで見れるのか?

今回の部分日食ですが、何時から見れるのか?
 
それは、12月26日の午後2時から夕方の4時半ごろにかけて見れるそうです。
 
地域によって多少時間のずれはありますが、大体の始まりの時間は2時です
 
部分日食が見れる場所なんですが、日本全国で見られます。
 
ですが、東日本では太陽の高度が低く欠けた状態で太陽が沈みますので、十分に確認をしてみてください。
 
そんな部分日食を安全に見る方法をご紹介します。
 

部分日食を安全に見る方法

まず部分日食を見るには、観察用の減光フィルターが必要です
 
それを踏まえての安全に見る方法です
 
・双眼鏡や体望遠鏡と組み合わせて使ってはいけません
・フィルターに穴が開いてないか、使う前に確認しましょう。
・たとえフィルターを使用してても、長時間の使用はやめてください(2~3分)
・視線を下げた状態で体だけ太陽の方向に向け、次にフィルターを顔の前にかざし、それから太陽を見上げます。
・部分日食は肉眼では見ないようにしましょう。
 
こちらが部分日食を安全に見る方法です。
 
ぜひみなさん気を付けて部分日食を見てください。
 

部分日食は何時から、どこで見れるのか?安全な見方は?2019

・部分日食は午後2時から夕方4時半にかけて
・日本全国で見れます。
 
今回は12月26日に見れる、部分日食についていろいろまとめていきました。
 
ぜひみなさんで部分日食見てください!

未分類

Posted by shu